「ほんものの住まい」「匠の技」…宮元工務店

上棟式と石州陶器瓦

手鹿児島市緑ヶ丘で、昨日上棟式がありました。
晴れ今回の住宅、 屋根は、石州陶器瓦 外壁は、そとん壁(高千穂シラス) を使用します。

きらきら石州陶器瓦の特徴は、 他産地の陶器瓦と比べ、焼き温度が高く耐久性・耐火性にすぐれた 陶器瓦です。
もともと石州瓦は寒さに強いという評判によって寒い地方や山間部に普及しましたが、
最近沖縄など暖かいところでも石州瓦の採用が目立つようになったようです。 塩害にも強いようです。
  わかりにくいかもしれませんが、
写真は広島から出雲(島根)に抜ける山道の写真です。
建物は、正直ふるいのですが石州陶器瓦の屋根は 大げさかもしれませんが、ピッカピカでした。
すべてといっていいほど石州の赤瓦!! すごく、統一感があって素敵な風景でした。
時々ウインクペコちゃん当社の陶器瓦は、石州陶器瓦を使用しています。
事務所や、事務所となりの築20年程度の旧モデルハウスにも使用しています。
ご興味のある方はぜひご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です