「ほんものの住まい」「匠の技」…宮元工務店

アイリスガーデン吉野 モデルハウス

『空気のおいしい家』 アイリスガーデン吉野モデルハウス 公開中!!

2019.01.08吉野モデルハウス by 宮元工務店

アイリスガーデン吉野で『空気のおいしい家』モデルハウス、現在公開中です!!

1日に吸う空気の量は?500mlのペットボトル約2万本!!

人はたえず呼吸をしています。普通の呼吸の回数は約4秒に1回、1分間に15回くらい呼吸しているそうです。

1回呼吸で吸う空気の量は約500ml。
これを1日分に換算すると500mlのペットボトル約2万本の計算になるそうです。

ペットボトル2万本を”ごはん一杯”に例えると、約80杯になります!!

1日にかなりの量の空気を吸っている計算のなりますが、
住宅の屋内外を取り巻く空気環境はPM2.5や粉じん・花粉・黄砂などに健康に影響を及ぼしかねない微粒子が存在しています。

空気をきれいにする為、『空気清浄機』を設置しました!!

『空気のおいしい家』を実現するために、『空気清浄機』を設置しました。

〇外気を空調室に給気して、空気清浄機で”pm2.5などの微粒子”を取り除きます。
(※除去率は、95%程度です。)
〇空調室内のエアコンで温度・湿度を調整します。
〇調整された『キレイな空気』を、小屋裏や天井裏・床下に送り出します。
〇送り出された『キレイな空気』は、壁などを隙間から室内に流れだします。

季節を問わず室内はムラのない湿度・『キレイな空気』さわなかで快適な環境に保ことができます!!

空調室は必要? 熱交換素子の役割 = 『 空調室 』


一般的な全熱交換方式(第1種換気)は、熱交換器の中にある”熱交換素子”の性能やメンテナンスの頻度より熱交換率が変動します。
性能の低下で、お部屋の汚れた空気が再循環してしまう可能性もあります。

『空気のおいしい家』を実現する為に、屋外から空気清浄機を通して空調室に取り入れた『キレイな空気』をエアコンで予熱(夏季は冷却)してから室内に供給します。

空調室が”熱交換素子”の役割を果たすことになります。

また空調室へはお手入れの時のアクセスが可能となり、お手入れが簡単!シンプルになります。

キレイにした空気を空調室に給気、温度・湿度を調節して居室内へ。

いままでにないシステムで家の中の空気環境を快適に保ちます。

鹿児島では初のシステムです。
宮元工務店 アイリスガーデン吉野モデルハウスで体感できます。
ぜひ一度ご来場の上、ご体感ください!!

アイリスガーデン吉野会場地図

宮元工務店モデルハウスは「30」です!!

ご来場の際は宮元工務店のモデルハウスにお立ち寄りください!!

電話 099-294-3252



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です