「ほんものの住まい」「匠の技」…宮元工務店


先日、鹿児島市山田町(茶室のある平屋です。)で上棟式が執り行わました。
上棟式のメインイベントと言えば、餅まきがあります。
餅まきは諸説あるようなのですが、

’’
「餅まき(もちまき)、または餅投げ(もちなげ)とは、 上棟式などの神事に際して集まった人々へ餅をまく行事。
由来は、上棟式(建前)などで災いを払うために行われた神事である散餅の儀 (もしくは散餅銭の儀)が発展的に広まったものである。
神社での祭事においても餅まきは行なわれるようになった。」  ’’
出典:ウィキペディア

厄払い的な意味が強いのだと思います!!



上棟式後、お施主様のご親戚の方や、近隣の方たちと一緒に宴会もありました。


本当に、地域方たちと触れ合えて楽しい時間を過ごさせていただきました!!
無事工事が終わるよう、職人たちと一丸となって頑張ります!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です